プラットフォーム呼び出し p/Invoke メモ1

プラットフォーム呼び出し(Platform Invoke)は、マネージ コードから、ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) に実装されたアンマネージ関数を呼び出すことができるようにするサービス。

DLL 関数を処理するには

1.DLL 内の関数を識別する。
 少なくても、関数名とDLL名が必要

2.DLL 関数を保持するクラスを作成する。
クラス内では、呼び出す各 DLL 関数に対して静的メソッドを定義する。

3.マネージ コードでのプロトタイプを作成する。

4.DLL 関数を呼び出す。

参考資料:
MSDN アンマネージ DLL 関数の処理 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/26thfadc(v=vs.100).aspx

カテゴリー: 相互運用, p/Invoke | コメントする

資料公開:わんくま同盟東京勉強会#90 きっと怖くない MVVM & MVPVM

2014/06/07 わんくま同盟東京勉強会 #90 で
「きっと怖くない MVVM & MVPVM」 というタイトルでセッションを行いました

OneDrive セッション資料およびサンプルコード
http://1drv.ms/1pxiWS5

slideshare

カテゴリー: C#, MVVM, XAML環境, 勉強会 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

2014/01/20 一人暮らし始めました!

まだ足りないものもあるけど、だいぶ落ち着いてきたところ

カテゴリー: その他 | コメントする

依存関係プロパティの作成

Buttonクラスを継承したNewButton
Color型の依存関係プロパティColorを追加するサンプル

    class NewButton:Button
    {
        public static readonly DependencyProperty ColorProperty 
            = DependencyProperty.Register(
                "Color",           //プロパティ名
                typeof(Color),                // プロパティの型
                typeof(NewButton),        // 依存関係プロパティを追加するクラスの型
                new PropertyMetadata(Colors.Black)   //メタデータ
                );

        
        public Color Color
        {
            set { SetValue(ColorProperty, value); }
            get { return (Color)GetValue(ColorProperty); }
        }
    }
カテゴリー: C#, XAML環境 | タグ: , , , , , | コメントする

2013年のまとめ

WordPress.com 統計チームは、2013年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

シドニーにあるオペラハウスのコンサートホールには2,700人が収容できます。2013年にこのブログは約34,000回表示されました。オペラハウスのコンサート13回分になります。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。

カテゴリー: その他 | コメントする

適当にMVPVMメモ

  • MVVMではVMが肥大化しがち VMのやっていることの大部分をPに委譲することでわかりやすくなる
  • PがVとVM両方を知っている(保有している)ので
    Messenger DataTemplateなどの機構を使わずViewのメソッドを直接呼び出すことが出来る。
  • Pから見るとVもVMも大差ないので本来Mにあるべきロジックを含むコントロール(ActiveX等?)を使う(使わざるを得ない)場合もきれいに掛ける

 

  • View
    • ViewModelの各プロパティコマンドとバインドする。
  •  

  • ViewModel
    • INotifyPropertyChanged
    • データバインディング用のプロパティ
    • イベント、コマンド等(の変数・プロパティ)を保持
  •  

  • Presenter
    • V,VMの参照を保持,あとMも
    • new Presenter(new View(),new ViewModel());
    • V-VM間の接続(View.DataContext = ViewModel)
    • 接続解除(View.DataContext = null;)
    • Mの関数を呼び出し、その結果をVMに代入
    • VMのイベント、コマンド等の中身を設定
  •  

  • Model
    • その他
カテゴリー: C#, MVVM | タグ: , , , , , | コメントする

MSDNマガジン 年間総目次 2013

2013/10/07 6~9月分を追加
2014/01/10 10~12月分を追加

MSDN マガジン 2013

  1. MSDN マガジン January 2013
  2.  

  3. MSDN マガジン February 2013
  4.  

  5. MSDN マガジン March 2013
  6.  

  7. MSDN マガジン April 2013
  8.  

  9. MSDN マガジン May 2013
  10.  

  11. MSDN マガジン June 2013
  12.  

  13. MSDN マガジン July 2013
  14.  

  15. MSDN マガジン August 2013
  16.  

  17. MSDN マガジン September 2013
  18.  

  19. MSDN マガジン October 2013
  20.  

  21. MSDN マガジン November 2013
  22.  

  23. MSDN マガジン December 2013
  24.  

カテゴリー: MSDNマガジン | タグ: , | コメントする