Objective-C アクセス指定子

アクセス指定子をもちいることで
オブジェクトの外部からメンバ変数にアクセスできるかなどを指定することが出います。

(デフォルトは@protected)

外部からアクセス可能な場合は 「オブジェクト名 -> メンバ変数名」 という構文で参照できます。

@private

宣言したクラス内でのみアクセス可能

@protected

宣言したクラス及びそのサブクラス内でアクセス可能

@public

どこからでもアクセス可能

@package

同じフレームワークでのみアクセス可能
フレームワーク外からよびだすと@private

@interface クラス名 :NSObject
{
   @public
               int publicValue1;
               int publicValue2;
    @private
               int privateValue;

    @protected
               int protectedValue;

    @package
                int packageValue;
}
...
@end
広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: iOS, Objective-C パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中