Objective-C 自動開放 autorelease

NSAutoreleasePoolクラスのインスタンスが存在するときに
任意のオブジェクトの-(id)autoreleaseメソッドを呼び出すと
そのオブジェクトはNSAutoreleasePoolのインスタンス(自動開放プール)に登録されます。

自動開放プールが解放されると
プールに登録されたすべてのオブジェクトのreleaseメソッドが呼び出されます。

NSAutoreleasePoolのインスタンスが存在しない状態でautoreleaseが呼び出されると
実行時エラーが発生します。

GUIアプリケーションでのイベントの呼び出しなどでは、
処理の前後で自動的にプールの作成、破棄が行われるので
autoreleaseの呼び出しだけで自動開放されます。

広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: iOS, Objective-C パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中