最低限の手順でKinect SDKとOpenNIを切り替える

Kinect SDKの商用版が出たので試しにインストールしたのですが、

現在しごとでOpenNIの方を使っているので試す前に一度OpenNIに戻しました。

一応最低限の手順で2つの環境を切り替える方法だと思うものを載せておきます。

0.  準備
  0.1. OpenNI一式をインスール
      OpenNI, NITE, driver(SensorKinect)

 0.2. OpenNI及びドライバをアンインストールせずに、Kinect SDKをインストール
      (この時点でドライバはKinectSDKのものになる。)

1. Kinect SDK → OpenNI
   コントロールパネル>プログラム>プログラムのアンインストール>
    >Microsoft Kinect Driver v1.0
   これでドライバーはOpenNIのものに戻ります

2. OpenNI→Kinect SDK
   KinectSDKを再インストール
   Kinect SDK 用のドライバが再インストールされます。

広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: Kinect, Kinect SDK, OpenNI タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中