MFC入門2 WinMain関数の場所

前回のサンプルプログラムではWinMain関数が見当たりません。

MFCはソースコードが公開されているのでMFCのソースコード内を探してみたところ、発見しました

MFCのソースコードの場所(VS2010の場合)
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\atlmfc\

WinMain関数の定義場所
\atlmfc\src\mfc\appmodul.cpp line.19~27

WinMain関数内で呼ばれているAfxWinMain関数はライブラリの外部には公開されていないようです。

//---- \atlmfc\src\mfc\appmodul.cpp ----
extern "C" int WINAPI
_tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance,
	_In_ LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
#pragma warning(suppress: 4985)
{
	// call shared/exported WinMain
	return AfxWinMain(hInstance, hPrevInstance, lpCmdLine, nCmdShow);
}
//-----------
広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: C++, MFC タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中