MFCメモ5 画面の無効化(Invalidate)による再描画

MFCメモ5 画面の再描画

表示中の画面を再描画したい場合、
再描画したい範囲を無効化(Invalidate)する必要があります。

画面全体を再描画したい場合はInvalidate(BOOL)
矩形の場合はInvalidateRect(RECT* , BOOL)
楕円・多角形の場合はInvalidateRgn(CRgn, BOOL)を用います。

Validate系関数を使うことで無効化した領域を最有効化(再描画解除)することもできます。

無効化された領域があれば、自動でWM_PAINTメッセージが発行され、
画面が再描画されるはずです。

広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: C++, MFC タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中