プラットフォーム呼び出し p/Invoke メモ1

プラットフォーム呼び出し(Platform Invoke)は、マネージ コードから、ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) に実装されたアンマネージ関数を呼び出すことができるようにするサービス。

DLL 関数を処理するには

1.DLL 内の関数を識別する。
 少なくても、関数名とDLL名が必要

2.DLL 関数を保持するクラスを作成する。
クラス内では、呼び出す各 DLL 関数に対して静的メソッドを定義する。

3.マネージ コードでのプロトタイプを作成する。

4.DLL 関数を呼び出す。

参考資料:
MSDN アンマネージ DLL 関数の処理 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/26thfadc(v=vs.100).aspx

広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: 相互運用, p/Invoke パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中