エンジニアX歳定年説の新解釈を思いついた

エンジニアX歳定年説の新解釈を思いついたので書いておく。

エンジニアとしてまじめにコツコツ勉強していれば、
大体X歳(25~40ぐらい?)でよっぽどいい環境にいない限り
現場、会社で一番の実力になってしまい、
自分より実力のない人の下で品質の悪い物を作ることに我慢できなくなるため、
エンジニアとしてより品質にこだわるため
1エンジニア(1メンバー)ではなく、
プロジェクトリーダー,アーキテクト,プロジェクト OR プロダクト マネージャー、etc
などの品質にこだわるために必要な権限を与えられる上位職種を目指すようになる
というもの。

かなり適当
まあ、ただの自分の今の状況なんですけどねw

広告

akatukisiden について

フリーランスプログラマ 使用言語はC++,C#とそのつなぎのC++/CLI 専門はクライアントアプリ開発
カテゴリー: その他 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中